社員教育の必要性を知りたい方へ

NAVIGATION

タブレットを使った学習について

社員教育の必要性を知りたい方へ IT技術の進歩によって、教育の現場ではタブレットを用いた学習を行っています。タブレットのタッチパネルによって画面を拡大したり、縮小したりすることが簡単にできます。また、動画や音声データの再生等も簡単に行うことができます。これによって、授業の幅が昔と比べてかなり広くなっています。タブレットを操作するといった遊び感覚もあって、生徒を学習に集中させることで理解度を高めることができます。これがメリットとなります。

一方教育用タブレットのデメリットは、学校によって教育格差が生まれてしまうことであります。その理由としては、全ての学校でタブレットを用意することができないからであります。学校には予算というものがあり、タブレットを導入できる学校もあれば予算がない学校では導入することができません。それによって、生徒の学習の理解度に大きな差が付いてしまいます。それだけタブレットによる学習のメリットが高いという証明になります。

おすすめ情報

Copyright (C)2019社員教育の必要性を知りたい方へ.All rights reserved.