社員教育の必要性を知りたい方へ

NAVIGATION

教育の意味ついて再認識しましょう

社員教育の必要性を知りたい方へ 教育とは、文字通り教え育てるという意味です。人を教えて知能をつけること、また、こうなってほしいと意図するとことがあり、それを人に対して働きかけてそうなるように変化するために行う活動といった意味もあります。会社に新しく入社した新人をその会社が利益を得るための一助となるように様々なことを教える、新人教育はそんな意味にとることができるでしょう。

教えて育てるということは、学校や社会、家庭においても行われます。しかし、現在の社会では勉強させるという意味合いでとらえている人も少なくはないかもしれません。人間は生まれて日々成長していく過程において様々なことを学んでいきます。そして、一定の年齢になれば学校に行き、親ではない先生から学びます。ここからが教育といった認識を持ってしまいがちですが、前述したように知能をつけるということは、学業だけにとどまりません。

人間が生きていくために成長過程で授けてもらった知能を、いかに自分や世の中のために役立てることができるか、そしてそれは自分のためになるということがしっかりと把握して生きていくことは大切です。便利な世の中になったとはいえ、人間の精神はそう簡単に変わるわけではありません。崇高な精神を保つためにも、単なる勉強ではなく、しっかりとした知能を授けていくということを大人たちは認識する必要があるのではないでしょうか。

おすすめ情報

Copyright (C)2019社員教育の必要性を知りたい方へ.All rights reserved.